業務連絡を効率よく行うために工夫できること

業務連絡を効率的に送る方法

近年便利になる世の中で取り入れたい事

メール作成時の時短につながる便利な機能

皆さんはどのようにパソコンで文字を打っていますか?
会社での業務連絡は最初の入りの文章や、終わりの文章はほとんど同じ文章のことがよくあります。
毎日同じ文章を打つのは本当に面倒くさくなってしまいますよね。
そんな時に文章の最初の2文字程度打ち込んだ時に予測変換として事前に登録した文章を一気に打ち込むことができる機能があります。
同じ文章を毎日のように打つのは確実に時間の無駄なのかもしれません。
細かいようですが小さなことが積み重なって大きなタイムロスになります。
予測変換機能は本当に慣れてしまえば業務連絡の誤字脱字を最小限にできてしっかり送り先に用件が伝わるので確認するところも減るのでとても良いと思います。

音声での打ち込み機能はどんどん高機能に

音声機能で文字を打ったり検索してみたりしたことがある人は少なくないでしょう。
音声機能について皆さんはどのようなイメージをお持ちですか?
活舌が悪い方はあまり使わなかったり、きちんと発音していても、正しく文字化してくれないから逆に面倒だと思っている方も多いと思います。
しかし近年の音声入力機能は進化していて、スムーズに文字化することができます。
多少言葉につまっても、正しく文字にしてくれることが多くなってきました。
いくつもの音声入力アプリがあるので自分のお気に入りのものを見つけてみましょう。
メールで打つよりもある程度伝えたい内容が決まっていれば音声入力の方が早いようです。
このように自分にあっている機能をどんどん見つけて使うべきでしょう。


▲先頭へ戻る