業務連絡を効率よく行うために工夫できること

業務連絡を効率的に送る方法

決まった時間に業務連絡で習慣に

朝の業務連絡メールで仕事もスムーズ

朝の業務連絡と言えば一日の流れや今日中に終わらせるべき事を記載している事が多く社員が一日の会社の動きを把握できることはとても良い事と言えるでしょう。
自分の仕事は何か、今日一日でどれだけの事をこなす必要があるのか、これらの事が朝の業務連絡ではっきりとわかれば社員の自信につながり向上心にもつながるかもしれません。
最近の業務連絡の内容は一方的に用件を伝えるだけではないようです。
会社規模が大きくなるにつれて、社長と社員とが関わることが少なくなってしまう会社が本当に多く、それを防ぐために、決まった時間に業務連絡をする事で会社の団結力が自然とつくように工夫している会社も多いようです。
知らない間に業務連絡は大事な役割をしているようです。

新人には特にありがたい夜の業務連絡

会社の終業時間に業務連絡として、明日の仕事の流れを会社の人がすべて把握してもらうために今日の反省点と明日のやるべき事を個人的にではなく、会社の社員に伝えることで、社員同士の不平不満をなくす狙いがあるようです。
終業時にくる業務連絡は社員一人一人の考えや意見を言いやすいようにするためでもあります。
業務連絡だけではなく、他にも伝える場所があるようで、最近ニュースなどでよく聞く「パワーハラスメント」「セクシャルハラスメント」などを防ぐこと狙いとされる取り組みもあるようです。
それは社員がいつでも相談ができるホットラインの開設で最近多くの会社が行っているようです。
会社と社員の間に溝を作らないよう、考えられた会社は沢山あるようです。


▲先頭へ戻る